LINEで送る
Pocket

 

こんにちは。ポケットコンシェルジュ編集部です。
お食事の際に赤ワインと白ワインの飲むタイミング、皆様ご存知でしょうか。
メインの肉料理は赤ワイン、魚料理やパスタは白ワインが適している、等ありますよね。
しかし、最近は中華料理店や和食、天ぷら店にもワインセレクトを置くお店も増えてきています。
このブログでは、料理に対して合うワインを少し細かくご説明させて頂きます。

肉料理

イチボステーキのコピー
出典:炉釜ステーキ 煉瓦 | ポケットコンシェルジュ

一言で肉料理と言いましても、牛肉、豚肉、鶏肉、ジビエ等様々な種類があります。肉は肉でも脂分によってそれぞれ味が大きく変わってきます。実は肉料理=赤ワインという訳ではありません。

牛肉・ジビエ

味がしっかりしている牛肉やジビエには重めの赤ワインがよく合います。口の中に残った脂分や臭みを、渋みを持ったタンニン(苦味成分)が洗い流してくれ、飽きずに料理を楽しみ続けられます。あっさり目の料理にはミディアムボディーのワインが合います。

豚肉・鶏肉

豚肉や鶏肉は牛肉やジビエよりも味の主張が薄いため、もちろん料理の内容にもよりますがライトボディーの赤ワイン〜ややライト目の白ワインまで合わせる事ができます。

魚料理

魚料理のコピー
出典:レストラン フウ | ポケットコンシェルジュ

魚料理と言いましても、刺身、天ぷら、ムニエル、寿司等様々な種類があります。肉料理と同じく、脂身の多さで赤か白か選ぶ判断材料となります。赤身の魚には赤を、白身魚には白をとも言われたりしています。ただ、ソースの味の濃さにもよって合うボディーが変わってきます。肉料理と比べて味の部分がデリケートとなるのでお店の方に相談するのも一手です。

パスタ

SONY DSC
出典:クラッティーニ | ポケットコンシェルジュ

パスタには基本軽めのワインが合います。パスタの中身の具やソースによって赤か白かを選びます。本場イタリアのワインがおすすめとなります。トマトソースなどの酸味が強いものには、爽やかな白ワインが合います。

オードブル

ル・ゴロワ①
出典:ル・ゴロワ | ポケットコンシェルジュ

前菜やアペタイザーには、甘口の白ワインやロゼワインが合います。また、シャンパンやスプマンテ等発泡性ワインもよく合います。

中華料理

168
出典:MASA’S KITCHEN 47 | ポケットコンシェルジュ

様々なスパイスを使用している中華料理はワインとの相性が抜群に良いです。中華料理と一括りしてしまいましたが全般的にロゼワインと合わせるのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。肉料理だから赤ワインしか合わせない訳ではありません。味の濃さや脂分の量によってワインの色やボディーを変えるのです。きっちりとした決まりがあるようで自由に楽しめるのがワインの魅力の一つかなと思います。

今後とも、ポケットコンシェルジュをよろしくお願いいたします。

ポケットコンシェルジュでは、iPhoneアプリもリリースされています。ダウンロードは下記ボタンから行えます。

Download_on_the_App_Store_JP_135x40

 

 

LINEで送る
Pocket