LINEで送る
Pocket

 

こんにちは。ポケットコンシェルジュ編集部です。

飲んだ後の〆に食べたいもの、No.1はラーメンだと思います。最近ではコラーゲンや野菜が多く含まれたラーメンも登場し、女性人気も加速しています。

しかし、何故お酒を飲んだ後にラーメンを欲するのでしょうか?

お酒を飲んだ際の人の身体の内部の働き

6826942365_f966275e7c_z
出典:Yuichi Kosio

アルコールの分解は全て肝臓で行われる

体内に入ったアルコールは胃や腸で吸収され、血液に入ります。アルコールを含んだ血液が脳内に達すると脳細胞を刺激し、酔いが始まり、肝臓がアルコールをアセドアルデヒドに分解しようと働き始めます。

身体はアルコールを毒と認識するために・・・

身体は、アルコールを毒素と認識します。その為、肝臓の大きな役割の一つである「糖分の貯蔵」を行わなくなり、むしろ貯蔵していた糖分を使って全力でアルコールの分解に励みます。

満腹中枢は血糖値で判断する

間脳にある満腹中枢は、満腹具合を血糖値の多さで判断しています。アルコール分解のために肝臓に貯蔵されていた糖分を分解することで血糖値が下がっているので、いくら量を食べていたとしてもアルコール摂取量が多いと空腹と錯覚してしまう場合があります。

何故ラーメンなのか?

ここまで見ると、飲酒後に何かを食べたくなるということは分かりますが、何故ラーメンなのか、という所が謎のままですよね。実は飲酒した際に体内のカリウム、ナトリウム、塩分量が低下します。また、アルコールが分解されたアセドアルデヒドは猛毒であり、二日酔いの原因になります。そのアセドアルデヒドを更に分解するために、アラニンやオルニチンといった物を欲するようになります。

豚骨系や鰹節系にはアラニン、塩分に関しては申し分ないほど入っています。
人が飲み会後にラーメンを欲するのは道理にかなっている事なのです。

その他考えられる理由としては、
・うまいラーメン屋さんがあるんですよ!といった話題が男性のメイントピックの一つ
・ご飯物と違い、麺をすするので酔った際も苦なく食べられる
・体内量の水分が減ることでスープを水代わりに飲みたくなる
・飲んだあとにラーメンを食べるのが癖になっているから(刷り込み)

が考えられるでしょう。

ラーメンの代わりとなるもの

6930083804_f5595822b6_z
出典:fto mizno

ラーメンには飲酒によって不足した以上に塩分や糖分を摂取することになるので、高血圧や肥満の原因となります。たまにはいいかもしれませんが、飲み会の度にラーメンで〆ていたら健康にはとても悪いです。

ラーメン代わりになりうるものとしては、
しじみの味噌汁
梅干しのお茶漬け

が挙げられるかと思います。しじみはオルニチン、梅干しも二日酔いに効く成分が入っています。また、どちらも程よく塩分が含まれていますので塩分の不足も補填できます。

まとめ

いかがでしたか?飲酒後にラーメンを食べたくなるのは当然の事なのです。しかし、食べ過ぎには気をつけましょう。

ただ、しじみの味噌汁屋さんや、お茶漬け屋さんというものは私は知りませんので、買うか、事前に作っておく必要がありそうです。
その前に、血中アルコール濃度を上げ過ぎないように、深酒を控える、お水をよく飲む事も大切ですね。

気に入って頂けましたら下のボタンでシェアして頂きますと幸いです。
今後ともポケットコンシェルジュをよろしくお願いします。

LINEで送る
Pocket