蔵六鮨 三七味(ぞうろくずし みなみ)

21,600 円 〜
/ 人

半世紀に渡り、熟練された技術と美学が共鳴し合う鮨

東京・広尾駅から外苑西通り沿いを徒歩で3分程、六本木エリアにほど近いビルの2階に店を構える『蔵六鮨 三七味(ぞうろくずし みなみ)』は、真剣に鮨を握る店主と、それを嗜むゲストの価値観が共鳴し合える鮨屋である。半世紀に渡って鮨を握り続けている店主・岡島三七氏が「これまでの集大成である、技術と美学を味わい楽しんでもらいたい」という想いで立つ。

岡島氏の鮨職人としての経歴は、恵比寿『割烹入船』から始まり、姉妹店『入船寿司』にて長年修業を積んだ後、1980年に独立し、六本木『蔵六鮨』を開店した。その後は、六本木に3店舗、青山に1店舗をだし、総勢120名ほどの弟子を抱えるほどに。そして2012年8月、現在の場所・広尾へと移転した。

岡島氏は「熟成と寝かしは異なるもの」として、その魚をいつ食べれば一番「おいしい」のかを見極めて、寝かす期間をコントロールしている。新鮮な魚介の仕入先は東京・築地のほか、たとえばマグロは佐渡から、時鮭(トキシラズ)は北海道から産地直送。鮨ダネに合わせ、酢飯は赤酢と米酢の2種を使い分け、食べた時のバランスに重きが置かれて絶妙に握り分けられる。こうして細部までこだわり抜かれ供される一品一品は、半世紀に渡り、岡島氏が鮨と向き合い続けて来た賜物である。「鮨を楽しんでもらいたい」という強い想いは、お酒の品ぞろえにも表れており、日本酒好きの岡島氏自身が、実際に試飲会などへ足を運び、鮨に合う日本酒や米焼酎をセレクトして、常に約20種類ずつ用意している。

厚さ10センチの檜のカウンターは9席。蔵をイメージした内装には、白と黒が取り入れられており、「お客様から見えない場所こそ清潔に」という信条から、細かいところまで丁寧に手が行き届き、清潔感が保たれている。大人の街・広尾にて、熟練された技術と美学による、至高の一品を堪能してみてはいかがだろうか。デートや会食の相手を必ずや、笑顔にすることができるだろう。

■アクセス
東京メトロ日比谷線「広尾」駅1番出口より徒歩3分

アクセス

FAQ

  • 個室はありますか。

    ございません。

  • お客様の記念日などに、特別なデザートやメニューを用意していただけますか。可能であれば、詳細を教えてください。

    対応いたしかねます。

  • ビールのメーカー(銘柄)を教えてください。

    サントリーでございます。

  • ドリンクの持ち込みは可能ですか。 可能な場合、金額はおいくらですか。

    可能でございます。1本につき3,000円頂戴しております。

  • お子様の来店は可能ですか。可能な場合、お子様用のメニュー対応はありますか。

    土日のみ来店可能でございます。お子様用メニューのご用意はございません。

  • タクシーを手配していただけますか。

    手配いたします。

  • お店の前にタクシーを付けられますか。

    可能でございます。

  • 禁煙ですか。

    禁煙でございます。店外で喫煙可能でございます。

  • 貸し切りは可能ですか。予約可能人数と最低予算も教えてください。

    可能でございます。 ご予約可能人数は8名様とさせて頂いております。

  • 取り扱っているお酒の種類と、その中でおすすめのお酒を教えてください。

    ビール, 日本酒, 焼酎, ウイスキー, 梅酒を揃えております。その中でも季節に合う常時20種の日本酒、焼酎15種がお薦めでございます。

  • アラカルトの注文やベジタリアン向けのメニューなどの特別対応は可能ですか。

    対応いたしかねます。

  • 外国語のメニューはありますか。

    ございません。

  • 外国語の対応が出来るスタッフはいますか。

    おりません。

  • お一人様の来店は可能ですか。

    可能でございます。

  • ドレスコードはありますか。

    特にございませんが、サンダル履きなどの軽装でのご来店はお断りしております。

  • 最寄り駅からのおすすめの交通手段は何ですか。

    徒歩でございます。

コース

ディナー
おまかせコース
21,600 円 / 人

店舗情報

店名

蔵六鮨 三七味(ぞうろくずし みなみ)

ジャンル

寿司

営業時間

17:30~23:00

定休日

水曜日, 第1,3日曜日

アクセス

東京都港区南麻布4-2-48TTCビル2F

おすすめのレストラン

予約

×
蔵六鮨 三七味(ぞうろくずし みなみ)
六本木・麻布・広尾
予約