すし柿崎(かきざき)

16,500 円 〜
/ 人
  • 英語メニュー

名店出身の大将が国産の天然食材にこだわる、人形町の粋な江戸前鮨店

東京・人形町駅から徒歩2分。下町情緒あふれる日本橋人形町に店を構える『すし柿崎』。落ち着いた雰囲気のこの町が好きだという大将の柿崎 祐平(かきざき ゆうへい)氏が、国産の天然食材にこだわり、江戸前鮨を握る。

柿崎氏は、老舗『銀座久兵衛』をはじめ、日本料理『なだ万』の鮨部、『グランドハイアット東京』内の鮨店『六緑』など、東京都内の鮨店で研鑽を積んだ。そして独立後の2008年、自身の店『すし柿崎』を開店。こだわりは、国産の天然食材を使用すること。柿崎氏自ら、全国から選りすぐりの食材が集まる豊洲市場に出向き、買いつけている。鮨の合間に楽しむつまみにも力を入れ、「太刀魚の塩焼き」や「タコのやわらか煮」など、酒がすすむメニューが人気だ。鮨の酢飯は、大粒の粘り気の少ない米を固めに炊き上げ、口の中にいれてパラパラっとほぐれる感覚を大事にしている。米酢には砂糖を入れず、塩だけで仕上げている。日本酒は、『すし柿崎』の鮨に合う辛口のものを4種類用意。香りが主張せず、料理のじゃまをしない日本酒を柿崎氏がセレクト。その他、焼酎、シャンパーニュや白ワインなどもお好みに合わせて。

店の外観は、店内の壁と同じく漆喰が塗られ、統一感を出している。店内には、奈良・吉野産のヒノキの一枚板カウンター(8席)をどっしりと設え、柿崎氏の“誠意を尽くしてもてなす”という心意気を表す。木と漆喰の壁に囲まれて、ゆったりと過ごすことのできる『すし柿崎』。家族や友人と記念日などの特別な日のお祝いや、接待や海外ゲストのアテンドなどのビジネスシーンまで、さまざまなシチュエーションで訪れ、粋な街・人形町で、柿崎氏がこだわりの江戸前鮨を堪能していただきたい。

■アクセス
東京メトロ日比谷線 人形町駅 都営浅草線 人形町駅 A3出口 徒歩3分

アクセス

FAQ

  • 個室はありますか。

    ございません。

  • お客様の記念日などに、特別なデザートやメニューを用意していただけますか。可能であれば、詳細を教えてください。

    対応いたしかねます。

  • ビールのメーカー(銘柄)を教えてください。

    サッポロでございます。

  • ドリンクの持ち込みは可能ですか。

    可能でございます。持ち込み料は、別途お問い合わせください。

  • お子様の来店は可能ですか。可能な場合、お子様用のメニュー対応はありますか。

    お子様のご来店は事前にご相談の上でのご利用をお願いいたします。お子様メニューはございません。

  • タクシーを手配していただけますか。

    手配いたします。

  • お店の前にタクシーを付けられますか。

    可能でございます。

  • 写真の撮影は可能ですか。

    写真撮影は可能でございますが、フラッシュ及びシャッター音等の使用はご遠慮いただきますようお願いいたします。

  • 貸し切りは可能ですか。予約可能人数と最低予算も教えてください。

    可能でございます。 ご予約可能人数は9名様とさせて頂いております。

  • 取り扱っているお酒の種類と、その中でおすすめのお酒を教えてください。

    ビール、ワイン、日本酒、シャンパン、梅酒、焼酎(麦・芋)を揃えております。

  • アラカルトの注文やベジタリアン向けのメニューなどの特別対応は可能ですか。

    対応いたしかねます。

  • 外国語のメニューはありますか。

    英語のメニューのご用意がございます。

  • 外国語の対応が出来るスタッフはいますか。

    おりません。

  • お一人様の来店は可能ですか。

    可能でございます。

  • 最寄り駅からのおすすめの交通手段は何ですか。

    徒歩でございます。

コース

ディナー
おまかせコース
16,500 円 / 人

店舗情報

店名

すし柿崎(かきざき)

ジャンル

寿司

営業時間

17:45~22:30 (L.O.22:00)

定休日

日曜日, 祝日

アクセス

東京都中央区日本橋人形町2-8-11友高ビル1F

予約

×
すし柿崎(かきざき)
東京・日本橋・神田
予約