【テイクアウト】ENEKO Tokyo (エネコ東京)

3,300 円 〜
/ 人

バスクの三つ星シェフによる、「持続可能な調和」を楽しむ文化の融合

【テイクアウト情報のお知らせ】

【魚介のアロス】
ピレネー山脈を挟んでスペイン北西部からフランス南西部にまたがるバスク地方は、海と山の食材が豊富で、料理もバラエティ豊か。ビスケー湾に面していることから、タラをはじめとする海産物を用いた料理が多く、ピルピル、アホアリエロなど魚介の旨味を引き出す調理法も様々。 洗練されたこの店の料理メニューからも、家庭料理や伝統的な煮込み料理などオーナーシェフのエネコ・アチャ氏のルーツを感じることができる。今回用意した「魚介のアロス」は海老、イカ、あさり、ホタテなどの魚介類をふんだんに盛り込み、バスク地方を代表するソースの一つである「サルサビスカイヤ」で炊き上げた米料理。パエリアやリゾットとも違う、バスク地方ならではの滋味深い美味を楽しむことができる。

【バスクテイクアウト】
〈 1 段目 〉トマトのタロ
バスク地方で古くから親しまれている食べ物で、通常は生地に具材をのせて丸めて食べますが、今回は、こだわりのお野菜、ハーブ、お花をふんだんに使って彩りも鮮やかにトマトとバジル2つのソースでお楽しみ頂きます。
 〈 2段目 〉
① トマトのジュレ、海老のエマルション
② レモングラ
③ リンゴとルッコラのジュレ
④ スモークした玉ねぎのタルトレット
⑤ ビーツのタルタルとブリオッシュ
⑥ ミニトマトのタルトレット
 〈 3段目 〉
① ジャガイモのトルティーヤ
② 鶏手羽のチャコリ煮 パプリカ
③ オマール海老のタルタル
④ ホセリートとキャビア
⑤ ウニのタルトレット
⑥ スモークしたイクラのタルトレット
 〈 デザート〉
① バスクチーズケーキ
② バスクドーナツ

※ 季節や天候、食材の入荷状況により、メニューが変更になる場合がございます

※アレルギー・お苦手食材につきましては対応しかねますので予めご了承ください

※テイクアウトの受け渡し可能時間は14時~20時となります。

※金額等はコース詳細よりご確認下さい。

東京・六本木駅から徒歩8分。西麻布のギリシャ大使館隣りにゆったりとたたずむ『ENEKO Tokyo(エネコ東京)』。美食の町といわれるスペイン・バスク地方と、日本の文化を融合させた料理や空間を味わうことができるレストランである。

本店はバスクにある『アスルメンディ(Azurmendi)』。最年少でスペインの三つ星を獲得した、エネコ・アチャ(Eneko Atxa)氏がオーナーシェフだ。 “The World's 50 Best Restaurants”では、「世界で最も持続可能性の高いレストラン」に選ばれている。そして、『ENEKO Tokyo』はエネコ氏の哲学を反映し、「持続可能な調和」をもとに、伝統的なバスク料理をオリジナリティあふれる食材や調理法で表現する。総料理長兼総支配人の磯島 仁(いそじま ひとし)氏は、東京の調理師専門学校を卒業後、西麻布クイーンアリス本店や迎賓館などで15年間、シェフの石鍋 裕(いしなべ ゆたか)氏に師事。2009年にプリオホールディングスに入社し、2012年には『日比谷パレス』の料理長をつとめる。そして2017年、『ENEKO Tokyo』のオープンより、現職をまかされている。

コンセプトは“バスクビストロ”。バスクという土地柄がそうであるように、『ENEKO Tokyo』もレストランでありながら、“おいしい”の先に“楽しい”がある、肩肘はらずビストロのようにリラックスして食事を楽しむことができる空間。食材は、本場スペインのイベリコ豚や生ハム以外は、主に日本の生産者にこだわって厳選。たとえばエリンギは、バスク産のように大きくて太いものを、長野県中野市の農家に依頼して作ってもらっているという。スペシャリテは「有機卵とトリュフ」。エネコ氏が吟味した国産卵の新鮮な卵黄にトリュフのジュースを注入した料理で、バスクの郷土料理を独自にアレンジしている。ワインはスペインのみならず、日本や他国のものも取り扱う。ノンアルコールドリンクでは、フルーツやハーブのホワイトサングリアや、ワイン用の葡萄から作るジュース、愛媛のミカン農家が作る搾りたてのみかんジュースもそろえる。

店内の居心地や空間演出にも、存分にバスクの風が流れている。『アスルメンディ』で使っていたメインダイニングのイスや、スペインの建築に触発された淡路の左官職人・久住有生氏がバスクの風をイメージして設えた土壁がウェルカムルームに施されていたり、廊下に飾られた写真をバスクの写真家が撮影したりと、東京にいながらにして、遠いバスクを想うことができる。メインダイニングのほかに、8~16名の個室を3部屋用意。バスク文化を料理とともに楽しむことができる『ENEKO Tokyo』は、家族や友人、同僚との会食やデートなどにオススメ。また、英語・スペイン語・中国語の対応が可能なので、海外ゲストのおもてなしもできるレストランである。

■アクセス
東京メトロ日比谷線 六本木駅 1C出口 徒歩約8分

アクセス

コース

ランチ
バスクテイクアウト2名分(軽減税率適用)
19,440 円 / 人
ランチ
ENEKO Tokyo 魚介のアロス(1名様分)(軽減税率適用)
3,300 円 / 人

店舗情報

店名

【テイクアウト】ENEKO Tokyo (エネコ東京)

ジャンル

他西洋料理

営業時間

テイクアウトの受取可能時間に関しましては、カレンダーをご確認をお願いいたします。

定休日

月曜日, 月曜日祝日の場合翌火曜日、年末年始

アクセス

東京都港区西麻布3-16-28TOKI-ON 西麻布

予約

×
【テイクアウト】ENEKO Tokyo (エネコ東京)
六本木・麻布・広尾
予約