au deco(オデコ)

14,850 円 〜
/ 人
  • 記念日サービス

人気店を数々手がけたシェフが、ヴィンテージワインと伝統的なフランス料理を提供する恵比寿の一つ星レストラン

広尾駅から徒歩7分。明治通りを抜けた恵比寿の住宅街に店を構えるのが『au deco(オデコ)』数々の人気店を手がけてきたシェフ掛川 哲司(かけがわ さとし)氏が、中学校の同級生であるソムリエール白仁田 真澄(しらにた ますみ)氏とタッグを組み、クラシックなフランス料理と熟成ワインを提供する一つ星のレストランだ。

掛川氏は、箱根『オーベルジュ オー・ミラドー』、青山『レ・クレアシヨン・ド・ナリサワ(現NARISAWA)』など、名だたるレストランで修業。『デイルズフォード・オーガニック 青山店』でシェフを務めた後、独立。2013年、代官山にビストロ『Ata(アタ)』、2017年に恵比寿『グッドラックカリー』、2018年には東京ミッドタウン日比谷に『Varmen(バーマン)』をオープンさせ、確かな料理の腕前と時代を読み取る感性で、どのレストランも人気店へと押し上げていった。
勢いづく掛川氏が2019年3月に開店した『au deco(オデコ)』は、イノベーティブではない、クラシカルなフランス料理を提供する。「伝統的なフランス料理を自分たちが次世代に繋いでいかなくては、失われるのではないか」という懸念を抱き、オープンに踏み切った。ソムリエールとして活躍する同級生の白仁田氏に声をかけ、二人三脚で“クラシックな料理と熟成ワイン”でフランス料理の魅力を広く発信続ける。
シェフとソムリエール共に“おでこ”が広いことから店名を『au deco(オデコ)』と付けたという、阿吽の呼吸を垣間見えるエピソード。フランス語・Décoration(デコラシオン)に当てはめて、“レストランでの食事は心を豊かにする装飾”という意味も込める。
メニューは、クラシカルな中にも掛川氏のアレンジが光る。“お母さんの玉子焼き”をイメージしたスクランブルエッグが入る「ズワイガニと蟹味噌のスクランブルエッグのパイ包み焼き」はシグネチャーディッシュ。殻を外す手間なく、思う存分味わっていただきたいという掛川氏の思いから、カニがふんだんに使われるぜいたくな一品だ。
ワインはブルゴーニュを中心に、1970~80年代のヴィンテージワインが揃う。ワインラヴァーを唸らせる希少なワインの数々。白仁田氏がセレクトするヴィンテージワインを、ロブマイヤーのグラスで堪能していただきたい。

モーツアルトの室内楽曲が心地よく流れる落ち着いた店内。
友人やカップルで、また家族との語らいのひと時に『au deco』を利用されてはいかがだろうか。

■アクセス
東京メトロ日比谷線広尾駅より徒歩7分

アクセス

FAQ

  • お客様の記念日などに、特別なデザートやメニューを用意していただけますか。可能であれば、詳細を教えてください。

    可能でございます。メッセージプレートをご用意いたします。

  • ドリンクの持ち込みは可能ですか。

    可能でございます。持ち込み料は、別途お問い合わせください。

  • タクシーを手配していただけますか。

    手配いたします。

  • お店の前にタクシーを付けられますか。

    可能でございます。

  • 取り扱っているお酒の種類と、その中でおすすめのお酒を教えてください。

    ワインでございます。

  • アラカルトの注文やベジタリアン向けのメニューなどの特別対応は可能ですか。

    アラカルトへの対応は可能でございます。

  • 外国語のメニューはありますか。

    フランス語メニューのご用意がございます。

  • 外国語の対応が出来るスタッフはいますか。

    おりません。

  • お一人様の来店は可能ですか。

    可能でございます。

  • ドレスコードはありますか。

    香りの強い香水をつけてのご来店は、ご遠慮いただきますようお願いいたします。

  • 最寄り駅からのおすすめの交通手段は何ですか。

    徒歩でございます。

コース

ディナー
おまかせコース
14,850 円 / 人

店舗情報

店名

au deco(オデコ)

ジャンル

フレンチ、ビストロ

営業時間

Dinner:18:00〜23:00(最終入店)

定休日

日曜日,

アクセス

東京都渋谷区恵比寿2-23-3

おすすめのレストラン

予約

×
au deco(オデコ)
六本木・麻布・広尾
予約