天ぷら元吉的場(モトヨシマトバ)

24,200 円 〜
/ 人

親方譲りの確かな技にオリジナリティを加えて新境地を開く南青山の天ぷら店

外苑前駅から徒歩3分、南青山に店を構えるのが『天ぷら元吉 的場』。『天ぷら元吉』の元吉 和仁(もとよし かずひと)氏の元で研鑽を積み、二番手として活躍した的場 大樹(まとば ひろき)氏が2022年2月より同場所を引き継ぎ、自身の名を冠した『天ぷら元吉 的場』として切り盛りする。

天ぷら店の店主である自身を“天主”と名乗る的場氏。親方の元吉氏が掲げる“食材にある「走り・旬・名残」を天ぷらを通して味わっていただく”というコンセプトが引き継がれている。油は昔ながらの製法を用いる玉絞りの胡麻油3割に菜種油とコーン油をブレンド。衣は、マイナス196℃の液体窒素を入れて粒子を細かくサラサラにした小麦粉を、違った水で溶いた2種で天ダネによって使い分ける技法も元吉氏の教えを受け継ぐ。
コースの構成も『天ぷら元吉』の流れを汲むが、元吉氏が商標登録する「天ぷら元吉の大葉うにのせ」や「さつまいもの天ぷら」といった定番メニューは取り入れつつ、合間に口直しを挟んだり、より日本酒に合った料理を提供したりするのが的場流。生産者の元を訪ねて探し当てた新たな食材で新境地を開く。
千葉県・東庄(とうのしょう)の農家から直接仕入れる「カブ」や、千葉県・銚子「Hennery Market」の坂尾 英彦氏が育てる「アフロキャベツ」を使った天ぷらがスペシャリテ。なかでも「キャベツの天ぷら」は、ミルフィーユ状に重ねて揚げ、下にキャベツのソースを敷き上に千切りのキャベツをのせ、火入れ・揚げ物・生と3種のキャベツの味が楽しめるという他にない逸品だ。
日本酒は、的場氏が愛飲する宮城「阿部勘」、新潟・佐渡「金鶴」をはじめ、天ぷらと相性の良いものを常時20種ほど用意。国産のワインはグラスで提供する。

春なら桜といった大きな木のディスプレイはなく、歳時を意識したインテリアで季節を表現する店内。カウンター(7席)には、特許取得したお馴染みの猫舌対策冷却機「北風」も健在。料理は、東京・町田「土笑窯」の浅井 竜介氏作陶の天皿で供される。家族や友人、同僚やカップルでも、“天主“的場氏のオリジナリティあふれる天ぷらを堪能していただきたい。

アクセス
■ 東京メトロ銀座線 外苑前駅1A出口より徒歩3分

アクセス

FAQ

  • 個室はありますか。

    ございません。

  • お客様の記念日などに、特別なデザートやメニューを用意していただけますか。可能であれば、詳細を教えてください。

    可能でございます。別途お問い合わせください。

  • ビールのメーカー(銘柄)を教えてください。

    エビスマイスターでございます。

  • ドリンクの持ち込みは可能ですか。

    ご遠慮いただいております。

  • お子様の来店は可能ですか。可能な場合、お子様用のメニュー対応はありますか。

    12歳以上のお子様のご来店は可能でございます。

  • タクシーを手配していただけますか。

    手配いたします。

  • 貸し切りは可能ですか。予約可能人数と最低予算も教えてください。

    可能でございます。別途お問い合わせください。

  • 取り扱っているお酒の種類と、その中でおすすめのお酒を教えてください。

    ビール、ワイン、日本酒、シャンパンでございます。

  • ドレスコードはありますか。

    ドレスコードは特にございませんが、タンクトップ、短パン、サンダル履き等の軽装でのご来店はご遠慮いただきますようお願いいたします。

  • 最寄り駅からのおすすめの交通手段は何ですか。

    徒歩でございます。

コース

ディナー
ディナーおまかせコース
24,200 円 / 人

店舗情報

店名

天ぷら元吉的場(モトヨシマトバ)

ジャンル

天ぷら

営業時間

17:30~、20:30~

定休日

日曜日, 月曜日が祝日の場合

アクセス

東京都港区南青山3-2-4セントラル青山NO6BA

おすすめのレストラン

予約

×
天ぷら元吉的場(モトヨシマトバ)
表参道・青山・代々木上原
予約