西麻布 鮨いちの写真

西麻布 鮨いち的预约信息

西麻布 鮨いち
寿司 ・ 港区 西麻布

  • 吸烟方面
  • 有会说英语的服务员
  • 小学生及以上可以入店

鮨にも日本酒にも米にこだわり、飛躍を続ける鮨舞台

東京・西麻布は全国から食通が集うレストラン激戦区である。鮨業界の躍進もまた華やかで、時にライバルともなり得る鮨店が共に切磋琢磨しながら、互いに負けたくないという気持ちで常に成長できる場所として、あえてこの地にて独立開業を果たしたのが、大将の佐藤陽一氏率いる『西麻布 鮨いち』。

佐藤氏は、銀座『勘八 本店』や六本木『すし屋のいけ勘』、そして恵比寿『鮨 竹半 若槻』などにて計16年修業し、2015年10月に『西麻布 鮨いち』をオープン。修業時代より、六本木や恵比寿エリアのお客様から支持されていたこともあり、どちらからもアクセスの良い西麻布を選んだという。東京には鮨屋が3,000件以上はあると言われている現代にも、『西麻布 鮨いち』でしか食べられない一貫を提供する。日本人の主食である米、つまり鮨の核となる酢飯は、赤酢と米酢のものを2種用意し、鮨ダネとなる魚介類の味わいに合わせて使い分ける。また、地方の食材に目を向けたり、独自のアレンジを加えたりして、『鮨いち』ならではの鮨を生み出している。スペシャリテは「ウニのワンスプーン」。全国各地から厳選した味わいの異なる2種のウニを、絶妙なバランスで組み合わせ、ウニという定番食材の従来の「おいしい」を超えていく。また、佐藤氏のふるさと・愛知に想いをよせた、ウナギの握りも売りの逸品である。炭火で焼き上げ、店内いっぱいに香ばしい薫りをうかべて、ゲストの食欲をそそる。「鮨は魚よりも米がおいしくないといけない」と言い切る佐藤氏。料理と鮨を引き立てて相乗効果を生み出す日本酒も、米の良さにこだわり、季節ものを厳選している。その他、日本ワインやシャンパーニュなども、佐藤氏の鮨とは相性がいい。

明るく清潔感のある店内は、9席のカウンターのみ。お客様が居心地よく落ち着ける空間をモットーに、目につくところはすべて木のぬくもりを演出。カウンターの中は鮨職人の舞台と表現し、佐藤氏が舞台に舞うように、背後から白い壁と照明で佐藤氏を照らす。お客様が席に座ったとき、視線の先にすぐ入るように、カウンターにネタケースを埋め込んでいるのも特徴である。カジュアルな会食からデート、海外ゲストのおもてなしなど、幅広いシチュエーションで、佐藤氏の鮨舞台を堪能していただきたい。

■アクセス
東京メトロ日比谷線「六本木」駅より徒歩10分
西麻布交差点より徒歩5分

  • 西麻布 鮨いちの写真
  • 西麻布 鮨いちの写真
  • 西麻布 鮨いちの写真
  • 西麻布 鮨いちの写真
  • 西麻布 鮨いちの写真
  • 西麻布 鮨いちの写真
  • 西麻布 鮨いちの写真
  • 西麻布 鮨いちの写真
  • 西麻布 鮨いちの写真
  • 西麻布 鮨いちの写真
  • 西麻布 鮨いちの写真
  • 西麻布 鮨いちの写真

西麻布 鮨いち ’s 套餐

西麻布 鮨いち ’s 信息

View Big Map

西麻布 鮨いち 用户建议

西麻布 鮨いち 还没有用户推荐
  • 想要浏览座位,首先请注册成为会员。

找不到空位?

TOP