Pocket Concierge

「DESTINATION RESTAURANTS 2021」

まだ見ぬ珠玉の食体験が、
日本の地方で待っている。

「ジャパンタイムズ」と日本屈指の美食家が送る「DESTINATION RESTAURANTS 2021」は、"日本人が選ぶ、世界の人々のための、日本のレストランリスト"です。あえて東京23区と政令指定都市を除外し、その土地でしか味わえない食材と食体験を提供する気鋭の10店を選出。ぜひお出かけください。

ご優待
「DESTINATION RESTAURANT 2021」
対象レストランにて
アメリカン・エキスプレスのプラチナ・カード®会員様へ特別に優先予約枠をご用意。

※※優先予約枠はレストランにより異なります。

「DESTINATION RESTAURANT 2021」の詳細はこちら
対象レストランでの食事のご予約はポケットコンシェルジュにて承ります。
ご紹介店一例
pesceco(ペシコ)|長崎・島原|
九州は長崎島原市。アプローチは島原の雄大な海岸線。淡いブルーグレーの建物が海の景色に溶け込む一軒家レストラン。シェフが考えるガストロノミーとは、「自然と文化の共存」。島原"pesceco"で、この土地ならではの「食と自然が繋がる文化」に触れる旅の1日を楽しんでみてはいかがだろうか。
とおの屋要|岩手・遠野|
日本の原風景・遠野に息づく、食文化を今に伝える気鋭のオーベルジュ『とおの屋 要(よう)』。地元で長く飲まれていたどぶろくをはじめ、遠野の食文化の歴史をふまえた料理を提案する。ほぼすべて遠野の食材を用いて、地元に伝わる伝統料理を新しい感性でよみがえらせる。遠野物語の世界とここにしかない新しい料理が交わる特別な体験となるだろう。
Restaurant UOZEN|新潟・三条|
新潟県三条市の市街地から少し離れた田園地帯にたたずむ、純和風の店構えのモダンフレンチ『Restaurant UOZEN(レストラン ウオゼン)』。コンセプトは「山のChasse(狩り)、海のPêche(漁)、そしてNature(自然)」を元に、新潟の土地の個性をいかす料理。「燕三条」の文化とともに、ぜひ新潟の土地の味わいを一緒に楽しんでいただきたい。
Cuisine régionale L'évo|富山・南砺|
富山山奥の二つ星 Distination Restaurant『L'évo(レヴォ)』。利賀川を望む約7,500㎡の土地を切り開き、レストラン棟と宿泊棟をいちから作り上げた。料理は、富山の食材の豊かさを存分に味わえるフランス料理だ。富山の自然が近く感じられる『L'évo』。その土地の重みと魅力を、シェフ・谷口氏が軽やかに皿の上に料理として生み出していく。
片折|石川・金沢|
浅野川の畔に二つ星日本料理店『片折(かたおり)』はある。店主の片折氏のモットーは「北陸の食材を活かし、削ぎ落として突きつめるシンプルな料理」と、食材の目利きと仕入れには余念がない。食材やそのものが紡ぐストーリーとともに、片折氏の滋味深い料理の数々を味わい尽くしていただきたい。
すし処めくみ|石川・野々市|
石川県は金沢市の隣、野々市(ののいち)市の閑静な住宅街にたたずむ二つ星『すし処 めくみ』。鮨職人・山口氏は毎朝250キロ、能登の七尾港に仕入れに行き、店へ戻ると同時に仕込みを丹念に始めるほど、地元の鮨ダネを最高の状態で提供するために、寝る間も惜しまない。『すし処 めくみ』に、今日も全国から鮨通の足が遠のくことはない。

この他、全10店舗のレストランを随時予約受付開始予定。詳細は、プラチナ・カード会員様専用サイトからご確認ください。※ログインが必要となります。



ボーナスポイントキャンペーン
全国1,000店以上の「ポケットコンシェルジュ」掲載レストランで
通常より多くのポイントをプレゼントするキャンペーン実施中です。
|特典|
期間中、「ポケットコンシェルジュ」掲載レストランをご予約のうえ
プラチナ・カードで決済いただくと、100円=3ポイント
(通常100円=1ポイント + ボーナス2ポイント)
|期間|
2021年9月30日(木)まで
プラチナ・カードでしかできない体験がある。
プラチナ・カードにご入会いただくと上記のようなダイニング優待をはじめ、様々な特典やサービスをご利用いただけます。是非ご入会をご検討ください。

About - Pocket Concierge -

グルメサイトや有名グルメブックで評判のレストラン、シェフがオススメする隠れた名店、表に出ない会員制のレストランなど、東京をはじめとする日本全国の本当に信頼できるレストラン約1,000店舗(2021年3月現在)と提携し、掲載しています。東京、横浜、京都、大阪などの都市部を中心に1,000以上のレストランを掲載。海外のお客様でも利用できるよう、英語でのご予約も可能となっています。私たちが目指すのは、言語の壁や決済の不便さなどを感じることなく、世界中の人々に日本が持つ最高の食文化を体験していただける、そんな世界を作り上げることです。